中古マンションを購入する場合チェックしておきたいポイントとは

中古マンション購入

中古マンション Main menu

中古マンション選びは慎重に

マンションの購入を考えているのであれば、
新築を購入するべきかそれとも中古を購入するべきなのかという事になります。
もしも中古を購入することを考えているのであれば、物件選びには慎重になるようにしましょう。

もちろん安い物件があればすぐにでも飛びつきたくなるものではありますが、
その安い理由を知っておかなくてはなりません。

マンションの耐用年数

マンションの耐用年数には、諸説ありますが
一般的には50年前後であると言われています。
これはごく大雑把な数字であり、もちろんそれぞれの物件ごとに違いがあります。
築年数30年でも劣化の激しいマンションは存在しますし、
築50年でもまだまだ問題のないマンションもあります。

これまでの管理状況のおいて、修理、修繕などのメンテナンスを適切に行ってきたマンションの場合、
建物そのものの耐用年数は50年よりもさらに長くなるわけですが、
築年数が経過した物件は、商品として引きが弱いということは想像できます。
そういった意味では、築年数が経過していても、建物の状態が良い物件であれば、
比較的安価である場合が多く、実際に住むにも問題がないということになります。

【購入時だけでなく売却時も】
ただし、こういった古い物件では、購入時だけでなく今後売却するという状況になった場合にも、
価値が付きにくいということは覚えておきたいところです。

築30年のマンションでは?

例えば、築年数が30年ほどたっているようなマンションだった場合には、
いくら安かったとしても購入するべきなのかをよく考えるようにしましょう。
そこで築30年のマンション価値はどのくらいあるものなのかという事になります。

もちろん駅から近いなどという好立地なのであれば、
その分価値があると考えてもいいかもしれません。
生活していく上ではとても便利な場所になればなるほどいいというのはあります。

築年数の経過した物件のチェックポイント

新耐震基準

しかし問題は、耐震が十分であるかという事があります。
築30年ともなると、耐震に関しては不十分であると考えられるからです。

現在の耐震基準、いわゆる新耐震基準が施行されたのは1981年。
これよりも前に建築された建物の場合は、新耐震基準に適合していない建物であるといえます。
2014年現在からすると33年前ということになりますから、
築30年前後の物件の場合には、過渡期に建てられたケースも考えられますので、
しっかりと確認しておくべきポイントだといえるでしょう。

購入をしたものの、すぐに手放すようなことになってしまっては大変です。
その後売却を考える時にも、築年数が古ければ買い手がつかない可能性もありますので、
総合的によく考えてから自分にとって価値のある物件なのかを考えるようにしましょう。

COPYRIGHT© 2014 中古マンション購入 ALL RIGHTS RESERVED.